顔のシミは皮膚科での治療を

顔のシミは皮膚科での治療を

 

顔のシミは皮膚科での治療を

 

お肌のシミは、加齢によるもの、紫外線による影響、ストレスなど、色々な要因が複合して起きています。顔にシミができるとカムフラージュが難しいので、何とか消したいと考えている人も大勢いるようです。顔に目立つシミができて、どうにかしたいという時には、皮膚科のクリニックに行くといいでしょう。皮膚科では医師による診断が行われているので、安心して顔のシミ治療を受けることができます。

 

具体的なシミの治療方法は、どうしてシミができたかや、シミの広がり方でも異なります。顔にできたシミをなくすためには、皮膚科の医師からきちんと診断をしてもらい、正しい処方でシミ治療をすることです。シミの症状がそれほどひどくない場合は、塗り薬を処方することでシミ治療にすることもあります。近年では、レーザー光を顔に照射することで、ほとんどのシミを顔から除去し、白い皮膚を取り戻すことができるようになりました。

 

シミがあった場所がかさぶたになって、新しい皮膚ができあがるまで待つ必要がありますが、皮膚に傷跡は残りません。以前は一般的なレーザーでは治療不可能だった肝斑に対しても、専用のレーザーにて対処することができるようになってきています。レーザー治療と併用して、飲み薬や、塗り薬を使うことで、シミを確実に治療するというアプローチも存在します。皮膚科で行われているシミ治療では、薬剤の注射などの方法もあります。その人その人のお肌とシミの状態に合わせた治療方法が選べます。

 

 

顔のシミはレーザーによる治療で解決

 

顔のシミを解消することは困難ですので、皮膚科の診察を一度受けてみるといいかもしれません。自宅でできるシミ解消の方法もいろいろありますが、効果の程は皮膚科での治療の方が確実に上であることは事実です。最近では、家庭用に販売されている美容液やサプリメントでもシミの解消効果があり、活用しているという人は多いようです。皮膚科を受診した場合に処方される美白を促すクリームなどもあり、美白効果が期待できます。

 

美白クリームは、代謝を活発にすることでシミのある古い皮膚を除去し、新しい皮膚をつくっていく効果がありますので、時間を要します。近年では、レーザーを照射することで気になるシミを取り除くという施術が登場しており、多くの人から注目されています。紫外線による肌の老化が、シミの主原因だと言われています。紫外線を浴びることで蓄積されたメラニンをレーザーによって破壊することができるため、シミ治療に有効とされているのです。

 

レーザーでシミ除去手術を受けると、今までシミがあった場所はしばらくかさぶたになりますで、その後ほどなく元通りの状態に戻ることができます。色が濃いシミでも2〜3回レーザー治療を行えば、きれいに治療できる優れた方法です。1回のレーザー治療でどの程度のシミ解消効果か得られるのかは、担当医の技術や病院の設備によってもある帝都度は異なります。皮膚科でのシミ治療は、保険の適用範囲外なので施術費用がどうしても高くなってしまいます。クリニック選びに失敗しないようにしましょう。

 

 

顔にできたシミを消す方法とは

歳を取ったり、紫外線対策を怠っていると顔のシミはどんどん目立つようになります。シミの治療は皮膚科の医院などでも受けることができますが、家庭でできる美白ケアでもある程度の対策は講じられるものです。皮膚科でのシミ治療は専門の医師によるものなので、シミ解消の効果も期待できますが、自分でできるシミ解消の方法もあります。

 

スキンケア化粧品として売り出されている商品の一つに、メラニン色素を減らす作用があるハイドロキノンを含むものがあります。くっきりとした目立つシミは皮膚科に行くしかないかもしれませんか、症状によってはシミ解消にセルフケアで十分です。ビタミンCは美白成分としてよく知られている栄養素ですが、ハイドロキノンはビタミンC以上に効果が得られると言われています。肌が弱い人が、ハイドロキノンが配合されたスキンケア商品を使用すると赤みなどが出る恐れがあるようです。ハイドロキノンを使ったことがない人や、お肌が刺激に弱い人はまずバッチテストをすること、5%以下のハイドロキノンを使用することです。スキンケア用品で肌の外側からケアすると同時に内側からもケアしていきましょう。

 

そばかすやシミが増えたり、皮膚が老いていく原因の一つに、体内の活性酸素の増加が挙げられます。活性酸素を増やさないためには、抗酸化成分を含む食事をすることです。レバーやナッツ、柑橘類、緑茶の多いものを取り入れることで、活性酸素を減らし、お肌の老化を予防できます。シミを減らすためにできることだけでなく、普段からシミが増えないような取り組みをすることも、顔にシミをつくらないためには重要になります。

ホーム RSS購読